マンションという名称

マンションという名称は昭和34、35年ごろに東京都内で使用されたのが最初
だといわれていまして、わりと新しい言葉なんですね。それ以前は、大正吃年、関東
大震災の翌年に被災者対策のために財団法人同潤会が設立されて、1万戸近い木造住
宅といっしょに、RC造3階建てのアパート2500戸ほどの建設が藩手されました
が、この当時は賃貸共同住宅だったわけです。これが昭和16年に設立した特殊法人住
宅営団に継承されたのですが、戦後、住宅営団が解散し、昭和26年以降に居住者へ払
い下げられたことで区分所有建物となったのです。これが分譲マンションの発生場面
であり、日本のマンションの歴史が50~60年といわれる根拠なのではないでしょうか。
日本のマンションの歴史を詳しく見る→

震災や戦後などの大きな歴史のうねりのなか、壊滅的な住宅事情を改善するために小住宅やアパート建設が急ピッチで進められた。
と同時に都市市街地の不燃化や土地の高度利用を目的としたRC造の公営マンション建設が積極的に進められたというわけですか。
時代の流れや住宅政策の変遷を検証することで、日本型マンションの実感がかいま見えてきそうですね。

公的な分譲住宅の第一号として、昭和魂年に東京都建設局が建設した渋谷の宮益坂アパートが挙げられます。
この共同住宅は1階が店舗で、2.4階が事務所、5階以上が住戸(戸数、戸)で、2基のエレベーターがついた、n階建ての下駄履きマンションです。
その後、昭和鋤年に設立された日本住宅公団(現・都市基盤整備公団。平成略年7月からは都市再生機構へと組織変更)によって、
千葉市の稲毛海岸住宅団地などの分譲販売が開始されました。

DM063_L