マンションの第一号

昭和31年には、新宿の四谷コーボラスが総戸数犯戸、5階建ての民間分譲マンション第一号として誕生しています。

官民どちらの分譲マンションも、ほぼ50年間、人が住んでいるということは、今後のストック重視社会への朗報になると思います。
公団住宅団地の出現は、木造住宅しか知らなかった一般的な日本人のあいだに、
鉄筋とコンクリートでつくられた中高層住宅の住まい形式を定着させました。昭和30年代後半になると、
民間企業は、一部の限られた人々を対象にした高級マンションのイメージを演出しようとして、
駐車場やエレベーター、管理事務所、レストランなどがある共同住宅を分譲しました。

「ハイツ」「ハイム」「レジデンス」といった言葉がマンションの名前につけられるようになったのも、このころです。
昭和37年に「区分所有法」が制定され、昭和銘年には同法の権利および管理関係が大改正され、
さらに平成14年にも実状に合わせた改正が行われています。融資に関しては、昭和45年、住宅金融公庫によるマンション融資が実施されます。
昭和51年には、建築基準法の改正によって、H影規制が行なわれました。
そして昭和から平成にかけてのバブル景気の時期には、リゾートマンションがブームに。
現在ですが、マンションのストック数は400万戸以上といわれています。
超高層マンションや耐震、免震マンションブームの到来と、都心への回帰が顕著になってきていますね。
現在のマンション事情はコチラ>>家 高く売る

DM172_L