地震対策はどうなっているの?

新耐震基準が施行されてからマンションの地震対策は強化されています。
新耐震の規定よりも高い基準で設計しているマンションも見られます。

建物を設計するときに考える外力は、一般の建物の場合、自然から受ける力を対象としています。
まず、常に加わる重力、そしてたまに起きる地震による力や、暴風時に受ける風圧力です。

低層や中高層の建物では、風圧力が与える影響は小さいのですが、
超高層になってくると地震力よりも大きな力になる場合もあります。
構造設計者は地震時に生じる力と暴風時に生じる力に対して建物が安全であるように、柱や梁、壁の大きさや鉄筋や鉄骨の量を決めます。
また、柱や梁だけでなく基礎梁や杭などに生じる力に対しても安全であるように部材を決めます。
>>で詳細を見る事ができます。

新耐震基準による規定
1981年(昭和56年)に施行された「新耐震基準」により、以下のような規定が
盛り込まれました。

●地盤による水平力の増減を考慮
●建物全体の揺れによる水平力の増加を考慮(上層階の方が地震力が大きくなる)
●設計レベルを中地震と大地震とを想定して設計する
●平面的な硬さのバランス、上下階での硬さのバランスをよくするか、または強度
を充分に高める

●地震時の建物の変形を制限する
この設計法では、「中地震時(震度1.4)にはほとんど被害を受けず、建物の機能を保持する」こと、
そして「大地震時(震度5.7)には建物が倒壊せず、人命の保護を優先させる」ということが目標として設定されました。
そして阪神淡路大震災以降もその設計思想は変わっていません。
現行の基準に準拠して設計され、つくられた建物には大きな被害が出ていないため、現行の基準の方向性が間違いではないことが確認されました。

DM057_L