性能表示制度は選び方の基準

住宅性能表示制度は、平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づいて、
「住宅の性能を明らかにし、きちんとその性能が達成された住宅を引き渡す仕組み」であり、建築基準法以上の性能を表現するもの、
すなわち「住宅の構造など一定の性能と品質を約束する」ための「任意の制度」です。

また、品確法のもうひとつの重要なポイントに「暇疵担保責任期間の10年義務化」
がありますが、住宅の基本構造部分に欠陥があった場合、建設業者や売主に対し「住宅暇疵保証制度」によって「義務を課す制度」となっています。

まだまだ少ない、性能表示を受けているマンション
住宅性能表示制度のスタート時は、新築マンション(住宅)だけを対象としていましたが、
平成14年8月から中古マンション(中古住宅)も対象(評価基準や表示基準は新築の場合と異なる)とされ、すべての住宅を対象とした制度に変わりました。
私はここ→で勉強しました。

この制度によって、国土交通大臣より指定を受けた第三者機関「指定住宅性能評価機関」は、
申請者の求めに応じてマンションの「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」を行ない、「住宅性能評価書」を交付することになっています。
この性能評価を受けたマンションが「性能評価住宅」になるわけです。
ちなみに「設計住宅性能評価」は単独で受けられますが「建設住宅性能評価」のみでは受けられません。
現在、住宅性能評価を受けている新築マンション建物は1割程度だそうです。
デベロッパーやゼネコンなどの技術工法は各社各様で、省エネや耐震設計などといわれても比較できない場合があります。
このようなとき、住宅性能を表示する共通のものさしとして、各種の項目を等級(数値)で比較検討できるようにした「性能表示制度」を上手に活用し、
さまざまな性能を選べば、自分の生活スタイルにあったマンション選びがしやすくなります。

DM001_L